元ひきこもりのゆるふわ社会生活blog

元ひきこもりが社会生活を徒然なるままに書き綴ります

素晴らしきジャグリングの世界

ジャグリングと聞いて何のことだかわかる人はいるでしょうか。多くの人は大道芸やサーカスの曲芸、またはお手玉などを想像する方が多いのでないかと思います。以前の僕もそうでした。ジャグリングと言えば、大道芸人がボールやナイフを自在に操って観客を楽しませるものだと思っていたのです。しかしジャグリングを始めてから、その様なエンターテインメントととしてのジャグリングだけではなく、スポーツとしての一面やアートとしての一面もあるのだと知りました。

 

今回、普段の生活では知ることのないジャグリングの新たな一面を紹介したいと思います。紹介というよりは、この感動を誰かに伝えたいといった方が良いかもしれません。

 

スポーツとしてのジャグリング

下記の動画では、大道芸やサーカスなどでは見ることのできない難易度の高い技を披露しています。高難度の技を極めようとする体操競技フィギュアスケートなどのスポーツに近いのではないでしょうか。初めてこの動画を見た時は驚きのあまり言葉を失ってしまいました。自分の想像を超えることを何度もやってしまうのです。この動画が投稿されたのは2010年と月日は経過していますが、今見ても全く見劣りはしません。ジャグリングを全く知らない方にもお勧めしたい動画の1つです。

 

youtu.be

 

アートとしてのジャグリング

自分を表現・創造する手段として絵画、音楽、ダンスなどがありますが、ジャグリングもそのうちの一つです。自分の感情や体験などを自分の作品を通して社会に発信しているのです。下記の動画から、この作品を通して何を伝えたいのか、また道具の配置や体の動き、選曲の理由などを考えずにはいられません。皆さんはどのように感じましたか。

 

youtu.be

 

少しでもジャグリングに興味を持ったのなら、ぜひジャグリングを始めましょう!