元ひきこもりのゆるふわ社会生活blog

元ひきこもりが社会生活を徒然なるままに書き綴ります

言うべきか言わないべきか

僕は迷っていた、言うべきか言わないべきか。相手の立場になって考えた場合、僕だったら言ってもらいたい。ただし僕の放った一言が相手を傷つける可能性もある。

 

『これから「正義」の話をしよう』でおなじみのマイケル・サンデル教授の話を思い出す。

まず前提として、以下のようなトラブル (a) が発生したものとする。

(a) 線路を走っていたトロッコの制御が不能になった。このままでは前方で作業中だった5人が猛スピードのトロッコに避ける間もなく轢き殺されてしまう。


Trolley problem.png
そしてA氏が以下の状況に置かれているものとする。

(1) この時たまたまA氏は線路の分岐器のすぐ側にいた。A氏がトロッコの進路を切り替えれば5人は確実に助かる。しかしその別路線でもB氏が1人で作業しており、5人の代わりにB氏がトロッコに轢かれて確実に死ぬ。A氏はトロッコを別路線に引き込むべきか?
なお、A氏は上述の手段以外では助けることができないものとする。また法的な責任は問われず、道徳的な見解だけが問題にされている。あなたは道徳的に見て「許される」あるいは「許されない」で答えよ、という課題である。

つまり単純化すれば「5人を助ける為に他の1人を殺してもよいか」という問題である。功利主義に基づくなら一人を犠牲にして五人を助けるべきである。しかし義務論に従えば、誰かを他の目的のために利用すべきではなく、何もするべきではない。

引用-Wikipedia

 

上記を例に考えてみよう。僕が言うことで相手は傷つくが、僕と同じように考えていた周囲の人間の言うべきか言わないべきかという葛藤を取り除き、結果として周りの人間を助けることになる。一方で何も言わない場合、相手は傷つくこともないがその人の周りの人間はずっと心の中にモヤモヤした思いを持ち続けることになる。僕はどちらの選択肢をとるべきか。僕の中の倫理観が闘い続ける。

 

相手は僕より一回り上の会社の男性役員だ。高級車で毎朝出勤。髪型を整え黒のスーツが決まっている。時折、僕らにジョークを言って場を和ませるものの僕らが話す冗談は通じそうにない。面と向かって話すたびに気になってしまい、ふと口から出そうになってしまう。「いつも鼻毛が出ていますよ」と。