元ひきこもりのゆるふわ社会生活blog

元ひきこもりが社会生活を徒然なるままに書き綴ります

なんちゃって通訳体験

以前の職場は地元の中小企業の関与先がほとんどで業務上英語を使う機会は全くなかった。英語を使用する場面があるとすれば、観光地の近くに職場があることから外国人観光客に道を尋ねられる時に話すことくらいだろうか。中学校から英語の授業を受け始め大学受験でもそれなりに勉強した。洋画、洋楽を見たり聞いたりすることが趣味でもあったため、せっかく今まで勉強してきた英語を全く使わないのももったいない。生きた英語を実際に使ってみたいと言う気持ちもあり転職することにした。遅れてやってきた僕の冒険心が芽生えてしまったのだ。

 

ローカル企業からグローバル企業へと転職し英語を使用する機会がぐんと増えた。主にメールやチャットが中心ではあるが、海外にある会社とのやり取りが必要なため毎日英語の読み書きをするようになったのである。転職した当初は今までの職場の環境とのギャップに驚きながらも何とか毎日やり過ごしていた。そんなある日、研修ということで香港からこちらへゲストが来ることになった。研修の際の役割分担が部署内で発表され、まさかの自分が通訳を担当をすることになってしまった。転職の面接では、もちろん完璧ではないが英語できますよオーラを発して面接に臨んでいる。英語が全くできないわけではないので盛りに盛って一応英語できますアピールをしただけである。自分の実力は自分が一番よく知っているので通訳なんてできないことは十分承知していた。当日はいつもの様にノリで何とかやり過ごそう。

 

研修当日。香港からゲストが何名かやってきた。研修に入り自分も通訳として参加する。自己紹介を終えここまでは何事もなく順調だ。ここから本題の業務の話に入りゲストが話し始める。なるほどなるほど、言っている意味は理解できる。ん、小奴めいつまで喋るんだ。ゲストの話が止まらない。途中まで理解できたはいいもののゲストの話が長すぎて途中で内容を理解することをギブアップしてしまった。通訳を入れているのにも関わらず1人で10分以上話すんじゃねぇ!そもそも、これが日本語であっても要約して伝えられないわ。とまぁ惨憺たる有様である。結局のところゲスト側に日本語と英語を話せる方がいたのでその場は何とかなった。通訳ってノリでできるもんじゃないなと感じる一方で、話す側もある程度配慮してくれないと通訳なんてできないものだなと感じる体験であった。

 

f:id:iheuyo8448641:20200709141617j:plain

提供:石川県観光連盟(https://www.hot-ishikawa.jp/photo